キャッシング会社プライムは情報不足

消費者金融業者はアコムやアイフル、プロミス、レイクなど大手有名店ばかりでなく、地元密着型や少し怪しげな業者まで、全国に1000社以上あります。そのためキャッシング会社を選ぶときには迷ってしまうことが多いことでしょう。

基本的には大手の有名業者を選んでキャッシングすれば良いのですが、審査が通らなかった場合などは少しで怪しげでも手を出さざるを得ないということもあるかもしれません。そのような業者の一つにプライムという業者があります。大阪にある消費者金融ですが、ネットで調べても、詳しい情報が出てこないので、利用すべきかどうか判断が難しいとことです。

ホームページを開設していないので、ネットから直接情報を入手することが困難です。金利や融資限度額などもわかりません。即日融資が可能かどうかもネットからはわかりません。つまり、直接大阪の店舗に出向かないと、何もわからないし、何も始まらないということです。慎重を要すると言って良いでしょう。
カードローン比較119.com|FP推奨!低金利&高限度額な審査入門を今すぐチェック

キャッシングの利用でブラックになる例とは

キャッシングでブラックになると、しばらく借入できなくなります。
ブラックというリストは存在せず、正確には個人信用情報機関に登録される事故情報のことを指します。
この人に融資をするのは危険という意味であり、このリストは他社も見ることができます。
そのため新しい会社でキャッシングを利用するときに、遅延がないと嘘をついてもバレてしまうのです。

ブラックになるケースで圧倒的に多いのは債務整理で、法的に借金を処理すると必ず事故情報に登録されます。
自己破産はもちろんのこと、個人再生や任意整理をしても最低5年間はローンの利用ができなくなります。
これはクレジットカードやそれに付帯するキャッシングにも言えることです。
ローンやクレジットで債務整理をしたり、何ヶ月も延滞したりすると個人信用情報に登録されるのです。
借入できない期間中はローンの新規契約はできないので、新しく借りることもできません。
借金癖を抜くためにも、ローンなしの生活に慣れていきましょう。

キャッシング審査に通らない理由

キャッシングを利用するためには、必ず審査を受けて、それに通らなければなりません。審査の基準はキャッシング会社によってそれぞれ異なっており、甘いところもあれば、厳しいところもあります。審査基準に関しては公表されていないので、類推するしかないのですが、審査で尋ねられる項目や申し込みの条件などを見ると、ある程度の基準は見えてきます。

まず、きちんとした支払い能力があるということです。支払い能力の有無についての判断は、キャッシング会社によって異なる大きな部分になりますが、基本的には安定した収入があることが重要になります。この安定したという点が重要で、そのために収入が不安定だったり、仕事を始めたばかりで勤続年数が少ないかったりすると、審査に通らない可能性もあります。

もう一つ審査を左右するのが過去の借り入れです。延滞を繰り返していたり、返済不能に陥ったりなど、過去に金融事故を起こしたことがある場合は、審査に通らない可能性が高くなります。

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén